• Home
  • ランキングでおすすめの病院を探そう
  • 切らない包茎治療を考える
  • 包茎とは?
  • 包茎手術の方法
  • 包茎治療器具で包茎を治す方法
  • しばらく患部を濡らさないようにしました。

    19歳の頃にアルバイトして貯めたお金で包茎治療を受けました。
    診療台に横になってから、これからどんなことをされるのだろうと緊張しましたが、
    あまり痛みを感じることもなく、1時間ほどで終わったように思います。
    クリニックに行ったのはその時1度のみで、
    後は自宅で消毒して縫合した糸が無くなり、
    露出した亀頭が外の空気に慣れていくのを待つくらいでした。
    当日夜は入浴をしてはいけないと言われていましたので、当然入浴をしません。
    当時は下宿に住んでいたので風呂がなく、
    銭湯に行かなくて良いのでちょうど良かったと思いました。
    銭湯に行ったのは包茎治療から3日経ってからです。
    1週間くらいは患部を濡らさないように言われていたので、
    銭湯では患部を濡らさないよう注意していました。
    患部をビニール袋で覆い被せシャワーのみで体をきれいにしていたのです。
    性器をビニール袋で覆っているという不思議な姿は、
    絶対に誰にも見られたくなかったので大変だったのを覚えています。
    おそらく誰にも見つからなかったはずです。
    こんな苦労もあったわけですが、
    包茎治療したおかげで亀頭は変な臭いがしなくなり、
    若い頃に受けておいて良かったと思いました。