• Home
  • ランキングでおすすめの病院を探そう
  • 切らない包茎治療を考える
  • 包茎とは?
  • 包茎手術の方法
  • 包茎治療器具で包茎を治す方法
  • 包茎治療の成果として、良かったことの目安というと

    一言で包茎といっても、人によって発症の度合いが異なっていまして、真性、仮性というように分かれていて真性のほうが重症であるとされています。
    仮性の場合は、普段は包皮が覆っていても勃起時には包皮が覆わなくなるので、性交時は問題がなく、清潔ささえ保てば良いのですが、それでも仮性では括弧がつかないとか、包皮があまりすぎて陰毛を巻き込んで痛くなるからと、包茎治療を受ける人が最近では多くなっているそうです。
    仮性包茎治療では、完全に包皮が剝けた状態で亀頭が露出しているように、外科手術で包皮を切り取ったりします。
    すると、元のように包皮が覆うことはないのです。
    つまり、包茎治療の成果としてよかったことの目安は、包皮が亀頭を覆わなくなることでして、余分な包皮を切り取ってしまって、いつでも亀頭が出ている状態であれば、男性としてもかなり自信をもてるといわれます。
    包茎治療を受けた人はほとんど、以前よりも自信を持って生きていけることが良かったことだと体験談感想を言いますし、やはり、包皮が覆っていることで男性としての自信をもつことが制限されているものなのだろうと思います。