• Home
  • ランキングでおすすめの病院を探そう
  • 切らない包茎治療を考える
  • 包茎とは?
  • 包茎手術の方法
  • 包茎治療器具で包茎を治す方法
  • 包茎治療体験において、麻酔の使いどころについていうと

    古代から続く宗教的、民族的習慣のひとつとして、割礼というものがありますが、これは子供のときに強制的に包皮の一部を切り取って、亀頭を露出させておくことによって大人とみなすという儀式として、現在でも行う地域があるそうです。
    それら儀式においては、麻酔を使わないということで相当な痛みがあり、その痛みがあるからこそそれを乗り越えれば大人になったと証明されたことになるそうです。
    現在の日本で行われている外科的な包茎治療は、基本的には割礼と同じことをするわけですが、医療行為でありしかも、できるだけ痛みを感じないようにして手術を行うことが、デリケートな部分だけに求められていますので、麻酔を使って包茎治療が行われるそうです。
    麻酔の使いどころとしては、当然のことながら執刀する前であり、神経が張り巡らされている位置で部分麻酔が困難な場合には、全身麻酔をして包茎治療を行うクリニックが多いそうです。
    麻酔の効果で、手術後すぐには痛みはないわけですが、麻酔が切れると痛みが出るので、手術後には必ず痛み止めの服用剤が処方されるそうです。
    生活習慣によって炎症が起こるかもしれないと懸念される場合は、入院して手術したところが問題なく粘膜として再生するまで安静にしておくことも求められるそうです。
    亀頭を露出させるために必要になる手術ではあるけれども、痛みが激しい部位なので、しっかりと麻酔の使いどころで完全に麻酔を利かせておくことが、治療成功の鍵になるわけなのです。