• Home
  • ランキングでおすすめの病院を探そう
  • 切らない包茎治療を考える
  • 包茎とは?
  • 包茎手術の方法
  • 包茎治療器具で包茎を治す方法
  • ユダヤ人と包茎治療

    包茎治療とユダヤ人とは深い関係があることをご存知でしょうか。
    おそらく世界中で一番最初に包茎手術を行ったのは、ユダヤ人だろうと思います。
    ユダヤ人が包茎治療をしていたことは、今から3500年近くも前に書かれた聖書の記述に登場するのです。
    それによると、ユダヤ人がユダヤ人のとして包茎治療を行うことが義務付けられていたようです。
    しかも、それを大人になってからではなく、赤ちゃんのときに行うように義務付けられていたようです。
    なぜ、ユダヤ人のしるしとして包茎治療をするように義務付けられたのか不思議ですが、医学的には清潔面を考慮してということかもしれません。
    このユダヤ人たちが何百年の続けてきた赤ちゃんの包茎治療の習慣が今もなお続いているのかどうか定かではありませんが、欧米では赤ちゃんのときに包茎治療をしてしまう人が少なくないようです。
    長いヨーロッパの歴史の中で、ユダヤ人たちの習慣がいつのまにか欧米人たちの間にも伝わったのかもしれませんね。
    アジアの国々では、包茎治療の習慣はまずないと思います。
    しかし、このような習慣があっても良いのではないかとも思います。
    将来包茎で悩むくらいなら、赤ちゃんで何もわからないときにしてしまったほうが簡単だからです。
    また、赤ちゃんの手術であれば、たいてい治療費が市から援助されるので、経済的にも良いと思います。
    包茎は、見た目にもかっこ悪いし、清潔面でも包茎はよくありません。
    だから、できるうちに、早く治療してしまうことをおすすめします。