• Home
  • ランキングでおすすめの病院を探そう
  • 切らない包茎治療を考える
  • 包茎とは?
  • 包茎手術の方法
  • 包茎治療器具で包茎を治す方法
  • 包茎手術の方法

    包茎手術の方法には、いくつかの方法がありますので紹介しましょう。

    【直線切除法】

    直線切除法というのは、真性包茎ほどまで包皮がしっかり被っていない、仮性包茎の人に向いている手術法で、余分な包皮のたるみを直線的にレーザーメスで切除し、亀頭が
    露出するようにしてから、縫い合わせます。

    直線切除法には、陰茎の根元の部分の包皮を切り取って、包皮全体を下に引っ張り縫合する陰茎根元切除と、亀頭の下の部分の包皮を切り取り縫合する亀頭直下切除の2通り
    があります。
    陰茎根元切除は傷跡が陰毛に隠れるので目立たちにくく、また亀頭直下切除も亀頭の裏側に傷跡が回りこむような形になるので、やはり傷口はほとんど目立ちません。
    どちらの手術も約30分程度で終わり、料金も比較的安く、半永久的な効果が望めます。

    【Wプラスティ】

    Wプラスティは直線切除法同様、陰茎根元切除と亀頭直下切除の2通りありますが、切除は直線ではなく、ジグザグとW型に切除します。
    なぜ、ジグザグに切除するかというと、その方が、より多くの包皮を切除することができるからです。
    そのためWプラスティは仮性包茎よりもっと包皮の被り具合が大きい真性包茎やカントン包茎の人に向いた手術方法となります。

    ちなみに、このWプラスティというのは、美容外科などで顔の手術をする際に用いられる非常に高い技術を要する方法で、傷跡が目立ちにくく、仕上がりもより自然になるのが
    特徴です。
    高度な技術を必要としますが、それでもベテランの医師がいる病院であれば、30分程度で手術は終わります。

    【埋め込み式】

    埋め込み式は、高須クリニックが独自に行っている手術法です。
    埋め込み式の特徴は、包茎の治療と同時に陰茎を太くできることです。
    埋め込み式では包皮を完全に切除してしまうのではなく、下のほうを折りたたむようにして埋め込んでいきます。
    その結果、亀頭の下の部分が太くなります。
    手術時間は30分程度です。

    【クイック法】

    一番簡単で切ることのない包茎治療がクイック法です。
    クイック法は包皮を特殊な糸を使って縫合し、元に戻らないようにする方法です。
    仮性包茎の人であれば、この方法でも十分亀頭を露出させることができます。
    手術時間もわずか10分程度で終了します。