• Home
  • ランキングでおすすめの病院を探そう
  • 切らない包茎治療を考える
  • 包茎とは?
  • 包茎手術の方法
  • 包茎治療器具で包茎を治す方法
  • 包茎とは?

    包茎とは、男性器の先端にある包皮の部分が長いために、亀頭を覆ってしまっている状態を言います。
    子どもの頃は誰でも皮が被っていますが、大人になってからも同じ状態であると包茎ということになります。
    これは男性にとっては、かなり恥ずかしいことです。
    恥ずかしいだけではなく、包皮と亀頭との間が不潔になり、ばい菌がたまりやすく、その状態でいると赤くかぶれてひどいことになります。
    包茎には、勃起してもまったく皮が剥けない真性包茎と、勃起したときだは皮が剥ける仮性包茎があります。
    真性包茎は自分で皮を剥くことが困難ですので、手術する必要がありますが、仮性包茎は自分で皮を剥くことができるので、毎日清潔にしていれば特に問題はありません。
    ただ、くれぐれも不潔な状態になることのないように注意していないと、すぐにばい菌で化膿してしまいます。
    実際、たとえば戦争中、風呂にもろくに入れない状態で日本兵を困らせたのは包皮炎だという話もあるくらいです。
    包茎というのは、見た目が恥ずかしいという問題よりも、不潔になって病気になってしまうことが問題なのです。
    見た目をよくするために手術をするのではなく、清潔のために手術をしたほうが良いのです。
    ただ、包茎手術となると、かなり恥ずかしいという思いが先立って、なかなか手術に踏み切れない人も少なくないようです。
    特に若い男性だと恥ずかしいと思うことでしょう。
    そのような場合は、男性スタッフだけの病院もあるようなので、そのような病院を探して手術をするのが良いと思います。
    インターネットなどで検索すると、男性オンリーを宣伝している病院がけっこうありますよ。
    また、手術が怖くてなかなか踏み切れないという人もいることでしょう。
    どんな手術でも怖いですよね。
    ただ、包茎手術はそれほど難しい手術ではないので、心配するほどではありません。
    包茎手術用のはさみがあって、ちょきんと簡単に切れてしまうようです。
    ただ、術後痛みが取れるまでしばらく時間がかかるのと、細菌が入らないように注意する必要はあるようです。